簡易的外壁チェック

厳密に言えば、メンテナンス不要の屋根や外壁はございません

皆様のご自宅は新築時、屋根・外壁材【建材】は塗装【コーティング】により保護されています。

しかし、毎日の日ざらしによって塗装【コーティング】が経年劣化していきます。

そして劣化が進行すると防水効果が落ち、雨ざらしによって既存の屋根・外壁材そのものに影響が出始めます。【陶器瓦除く】

人で例えるならば、新築時は日焼け止めを塗ったすぐの状態です。そのため効果は抜群ですが、紫外線を浴び続けることによって効果が落ちていき、日焼け【火傷】をしてしまい、肌に悪影響を与えます。

それが住宅にも起きている現象です。

人ならば再生能力がありますが、住宅にはその能力がないため傷み続ける一方で、雨水【酸性雨】を吸い込むことによって屋根・外壁材の酸化が更に進行し劣化が激しくなります。本来、雨風をしのぎ主要構造躯体【柱・断熱材など】を守るための役割である屋根・外壁材ですが、その役割を果たせなくなり、雨漏れや柱・断熱材などの劣化の要因になることも少なくはないのです。

つまり、住宅は年数が経てば経つほど無防備になってしまう訳です。

ですから、家主であるお客様は大切な財産である住宅を守り続けるために現状を把握しておくことが大切です。

参考までに点検シートをご活用ください。

虫歯治療同様、早期発見!早期治療を!

傷み事例

​・チェック項目は下にいくにつれて

 危険度が高くなります。

※レ点チェック入力可能です。

・チェック項目に4つ以上あてはまるお客様

 は、メンテナンスをご検討されることをお

 勧めします。また、3個以下のお客様であっ

 ても危険度が高いチェック項目に当てはま

 ったお客様は、専門業者に見てもらうこと

 をお勧めします。

ひび割れ

​コーキング割れ【隙間】

​反り・変形

膨れている

剥離

錆び

チョーキング

水の吸い込み

※水を吸うと色が濃くなります。

カビ

黒ずみ

※外観が綺麗であっても、気づきにくいことが要因で、目に見えない外壁内部が劣化していたケースがありました。【目地割れ・釘頭浮きの放置など】

【参照】

​気づきにくい釘頭の浮きやコーキングが割れている現場です。

​鉄の釘が錆びている現場がありました。雨水が侵入している証拠です。外壁材を剥がしてみると、やはり内部が劣化していて、防水シートの施工も甘く大事な柱まで劣化していました。

​まずはお気軽にお問い合わせください‼

​佐賀県佐賀市本庄町本庄506-1 つるやビル1F

TEL  0952-37-9466 

FAX  0952-37-9465

【祝日の場合は営業】

営業時間  10:00~19:30

定休日     毎週月曜・第1日曜日・第3火曜日

  • Facebook